『月刊誌』俳句四季のご購入

『句集・歌集』『評論・エッセイ』のご購入

『句集・歌集』『評論・エッセイ』お問い合わせフォーム、
お電話(TEL:042-399-2180)にてお問い合わせください。

何かご不明点があれば、お気軽にお問い合わせください。

『姿見』及川茂登子句集・令和四季コレクションシリーズ2

『姿見』及川茂登子句集・令和四季コレクションシリーズ2

Igarashi Motokatsu

四六判・202p・上製カバー・本体2700円+税 2019年12月21日発行/ISBN978-4-8129-1002-3 装幀・髙林昭太

句集名「姿見」は
姿見の中に母をり春惜しむ
という作品からの命名である。この姿見は母上の形見として
今は作者が使用しているという。
大きな長い姿見。
それを開く度に母上を思い、そこに映る自分の姿もまた
母上を彷彿とさせるのであろう。
惜春の情が辺りの空気を清楚に引き締まったものとしている。
__「対岸」主宰:今瀬剛一「序」より

『姿見』及川茂登子句集・令和四季コレクションシリーズ2