『月刊誌』俳句四季のご購入

『句集・歌集』『評論・エッセイ』のご購入

『句集・歌集』『評論・エッセイ』お問い合わせフォーム、
お電話(TEL:042-399-2180)にてお問い合わせください。

何かご不明点があれば、お気軽にお問い合わせください。

『朝ざくら夕ざくら』柴田南海子句集・耀シリーズ4

『朝ざくら夕ざくら』柴田南海子句集・耀シリーズ4

Nakamura Aohiko

四六判・204p・上製カバー・本体2800円+税
2020年4月1日発行/ISBN978-4-8129-0960-7
装幀・安田真奈己

詩乞ひの目を朝ざくら夕ざくら
作者は桜に包まれた寺に住み、朝桜から夕桜まで、桜の精・花神に
満ちたこの世の寂光土の中で、十七音のポエジーを希求する
星には祝ぎ言を、大和の地では天平の宴を、囀りに神の睦言
を感じ取る。末法と修羅の世に浄土を呼び込む祈りのポエジー
を詠む。___坂口昌弘

『朝ざくら夕ざくら』柴田南海子句集・耀シリーズ4