第17回俳句四季大賞

有馬朗人(ありま・あきと)1930(昭和)5年、大阪府生まれ。87歳。物理学者。東京大学総長、理化学研究所理事長、文部大臣、科学技術庁長官を歴任し、現在は武蔵学園長、静岡文化芸術大学理事長。フランクリン・インスティテュート・メダル(アメリカ)、フンボルト賞(ドイツ)、ボナー賞(アメリカ)、日本学士院賞、レジョン・ドヌール勲章(フランス)、大英勲章(KBE)、文化功労者、旭日大綬章、文化勲章。中学時代「ホトトギス」で虚子選に入選。東京大学で山口青邨に師事、「夏草」同人。1990年、「天為」創刊、主宰。国際俳句交流協会会長。句集に「母国」、「天為」(第27回俳人協会賞)、「流轉」(第28回詩歌文学館賞)、「黙示」(第59回毎日芸術賞・第52回蛇笏賞)など。

第6回俳句四季新人賞

小山玄黙(こやま・げんもく)。1997(平成9)年東京都生まれ。20歳。 「慶應義塾大学俳句研究会」所属。「群青」副編集長。
板倉ケンタ(いたくら・けんた)。1999(平成11)年東京都生まれ。18歳。 「群青」所属。

第5回俳句四季特別賞

秋尾 敏(あきお・びん)。1950(昭和25)年埼玉県生まれ。68歳。「軸」主宰、全国俳誌協会会長、現代俳句協会副会長。平成4年第十一回現代俳句協会評論賞受賞。博士(情報学)。句集に『私の行方』『納まらぬ』『ア・ラ・カルト』『悪の種』。評論集に『子規の近代』『虚子と「ホトトギス」』。